リビルトタービン 粗悪品

粗悪なリビルトタービン、ターボチャージャーに泣かされた経験のある方必見!!

リビルトタービンの粗悪品とは

 

リビルトターボ購入

粗悪なリビルトタービンの一例として、

 

ハウジングにヒビが入っている、
形状が違い、加工しなければ取付ができない
取り付けてすぐにオイル漏れする、
等など。

 

素人が目で見て分かる粗悪品まであります。

 

 

 

 

直接目に触れることが無い内部部品に及んでは、

 

ガラスビーズが残留しているものも数多くあります。

 

ターボチャージャーを知り尽くした専門メーカーでは、
オイル内の微細なスラッジが故障の原因となる、
ターボチャージャーをリビルトする場合には、
安価なガラスビーズは使用していません。

 

 

 

 

また、テストもきちんとされて出荷されているはずのものですが、

 

回転バランスが取れていなく、
早い場合は取り付けをして1〜2日で壊れてしまうものまで
商品としてお客様に届けられています。

 

このようなものは、テストはしていないのではないかとさえ思えます。

 

 

リビルトタービン品質検証リビルトタービンの品質は、使用済みのタービンをリビルトする際にかけられたコストによって、大きく異なります。

 

 

 

オルタネーターやセルモーターと違って、
ターボチャージャーの場合は、

 

高圧高温にさらされながら超高速でバランス良く回転する部品ですので、
全てにおいての精密性、耐久性を求められます。

 

 

 

 

安い事は悪いことではありませんが、
リビルト品の場合

 

安い=低品質(粗悪品)

 

の可能性は限りなく高いと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

粗悪なリビルトタービンにご注意下さい

リビルトターボチャージャーは、ヤフオクで簡単に買うことができますが、粗悪なリビルトもどきタービンもとても多いので注意が必要です。

 

『品質は新品に限りなく近く、価格は中古に限りなく近い商品』の謳い文句を信用して、泣いた方は数知れないでしょう。
一見キレイに見えても、ケースにクラックがあったり、ネジ穴が切れていなかったり、そんな目で見て分かる粗悪品を『検査OK』で商品にして出荷しているのですから、中身の状態なんてお話にならないくらいお粗末なオリジナルリビルトターボチャージャーです。
“×××”のならもうコリゴリだから!と、そのメーカー名指しで拒否される整備工場さんはとても多いです。保証によって代替品はすぐに送ってきても、整備工場さんがお客さんからの信用を失ってしまうことになるからです。これはもう、高い安いの問題ではなくなります。

 

こちらで販売しているリビルトターボチャージャーは、カーディーラーでも使用しているメーカーの純正リビルトターボチャージャーです。

 

L710Sのリビルトターボチャージャーを購入した方の、ヤフーオークション評価の抜粋です。 『注文翌日に商品到着、付属品も完璧、注意書き等も皆に分かりやすいのが付属していてコレ、凄いですね♪と、ディーラーサービスマンが非常に感心してました。勿論注文時の対応も親切でしたし、ココを選んで良かったと自負しておりますありがとーございました! (評価日時:2012年 4月 9日 20時 23分)』

 

安心の有名メーカーリビルト品、純正リビルトタービンはこちら で購入できます。ヤフオクでの購入ですが、直接に電話での注文も可能です。

 

 

 

リビルトターボ.com

 


「粗悪なリビルトタービン、ターボチャージャーに泣かされた経験のある方必見!」について
リビルトタービンの弊社販売サイトをご覧になって、直接お電話を頂ける方が大変多いです。そんな中で、大変残念に思うことは、折角リビルトタービン≠利用して修理をしているのに、オイル漏れがあったり、ひどい場合は取付ができなかったりのご相談が多いことです。低価格なリビルトタービンは粗悪な製品が多いですので、ご注意下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ